「売らずに稼ぐ」へ / 掲示板 / 参考書 / 広告宣伝考 / PRIORITY ONE / メルマガコーナー

「売らずに稼ぐ!」宣伝考(広告貧乏!?)


どんな商売でもまずは「集客」が第一段階となりますが、インターネット上での方法としてはやはりいろんな種類の「宣伝」ということになります。

あなたはビジネスを成功させるには、宣伝が不可欠なわけですが、実際実施なさっていることはどんな事をおやりになってらっしゃいますか?

いろんな宣伝方法がありますが、私は人に聞きまた自分で実際やってみて思うことを以下に述べます。

@メールマガジン付帯広告
宣伝効果は、 メールマガジンの付帯広告が一番強いと思われます。特に独占広告、ついでヘッダー広告といった順でしょうね。
有料のものから無料のものまで、また掲載スタイルにも様々です。人気のメルマガの付帯広告などは掲載予定表を見ても凄い競争率となっています。
ひとつ気になるのが「配信部数」あるいは「発行部数」です。『○誌合計○万部』というのは曲者で実は同様の内容を重複して何社からも発行している場合が多く正味の数とは言いがたいのです。

ご自分のビジネスの内容やご自分のクロージング方法に合わせて
「バックナンバー」
「配信部数」あるいは「発行部数」
「料金表」
などを確認して選ぶのが一番です。

無料一括投稿
無料で宣伝を35文字×5行程度で宣伝してくれるものです。ただし「一括投稿サイトのバナー」の貼り付けとメルマガ購読が条件となっていることがほとんどです。
(私は無条件のものは見たことがありません)

この「メルマガ購読が条件」が物凄い曲者で、気が狂ったようにメルマガが届きます。無料メルアドのYhooメールなどはパンクしてしまうのですから、恐ろしいくらいです。
もしここに大切なメールが紛れることになればパニック状態です(ちなみに私はこれで一日に1000通を越すメールを頂いた経験があります)
無料投稿依頼は、当たり前のことのようですが、一括ではなく直接サイトを訪ねて、丁寧にお願いして、掲載してもらうのがよいです。

有料一括投稿
前記のような弊害は無いのですが、どうしても「料金」の面で大きな負担があります。
費用が安いもの(500円くらいから)は「配信部数」あるいは「発行部数」をみると数が少なくいかにも反響は無さそうだというのが解ります。しかし、大量発行のメールマガジン付帯広告はその金額が10万円単位にもおよびこれでビジネスの利益が無ければ本当に「何をやっているのかわからない」状態ですね。

掲載位置
【件名】はメールそのものの件名(表題部分)に、
【ヘッダ】はメルマガの上部に、
【フッタ】は下部に、
【文中広告】は中央あたりに、
【独占】他の広告を排して件名を含み中央に、
宣伝文が入ります。

価格表を見ますと独占、ヘッダ、フッタ、文中の順で安くなっているのがほとんどですが、「目立つ」順であると言えます。

独占広告
メルマガで一番効果的なのはやはり「独占広告」ですが金額の安いものは前記の通り期待度は低く、数千円から万円単位のものが良いのですが、人気の広告スペースは1週間〜2週間先くらいまで予約でいっぱいになっていますから、計画的に掲載しなければなりません。
安いものをいくつも頼むのと多少高いものを一度頼むのであれば、間違いなく後者をおすすめいたします。

A検索エンジンサイトへの登録
もちろん検索サイトへの掲載率が高ければ相当なアクセス増加は見込めるでしょう。これもメールマガジン付帯広告と同様に、一括の登録を代行する業者・サイトがあり、無料、有料とあります。
無料については前記メルマガの説明と同様の弊害がつきものなのと何といっても掲載してもらえるサイト数が極端に少ないので全く魅力がありません。
では有料ならば・・・確かに掲載作業が300サイト500サイトと多いのですが価格が凄く高く、また掲載サイトが自分の希望のジャンルであるかどうかはわかりません。

Google・・・現在検索のサイトと言えば他のポータルサイト、検索エンジン数多くあるなか群を抜いているのがGoogleです、Yahooもinfoseekもgooも・・・ほとんどのサイトはこのGoogleのシステムを利用しているのですから、ここへ掲載されなければ何ら意味がありません。しかし、実は掲載するのは登録するだけですので、問題は検索された際に検索結果のページのどこに自分のホームページが掲載されているのかが重要なのです。
メルマガと違い常時掲載されているわけですし、興味の無い方は見ないので効率の良い「集客」が期待できます。
必ず実行すべき事項ですね。

Bランキングサイト登録と相互リンク
同じカテゴリーの集められたランキングサイトへの登録も見ている人がどうやってそのサイトを訪れたのかが問題です。
同じように登録をした方が自分の順位確認の際ついでに覗いてくれたのかもしれません。つまりあなたのターゲットでは無い方がヒット数だけを上げてくれているに過ぎない可能性が高いわけです。
また、自分のサイトの順位がいくら高くても人気の低いサイトでは意味もありませんよね。
相互リンクは必ず自分のサイトよりもランクの高いサイトへのリンクをお願いしなければなりません。
テキストタイプの相互リンクも効果としては大きなものではありませんが、少しでもの可能性を広げる意味では「掲示板への書き込み」よりは効果があるのでは!?

C 掲示板への書き込み
ホームページの宣伝OKとなっていても「在宅ビジネス」や「ネットワークビジネス」は不可と言う掲示板が多く「アダルトサイト」と同様に扱われているのが私には少し不満なのですが、まず検索エンジンへの登録なみに手間はかかります。
また掲示板設置のホームページの内容によって集まっている人々の嗜好が決まっているので効果は薄いです。
これもランチャータイプのソフトを利用して一括書き込みを行う業者・サイトもありますが、このような掲示板の場合「誰が読んでいるのだろう・・・」と思ってしまうものも多いのが実情です。
自分が書き込みしたサイトを確認してみてください、人気のあるサイトでしたら書き込んだほんの数分数時間で「はるか昔の書き込み」となってしまいます。 ずっと残っているのならそのホームページは人気が無いのでは・・・となりますよね。

Dリンク集やバナー広告
「 リンク集」は、同業種をひとまとめにして紹介しているサイトです。これをバナーで行えば「バナー宣伝」となります。
はじめから、こんなサイドビジネスをしたいと訪れてくれるのを期待するのはかなり無理があると思います。
このサイト自体が大手検索サイトで高順位を取っているなら別ですが。



いかがでしょう?
これだけのことをすべて実行していったらどれほどの費用と時間がかかるのでしょう?
しかし、実行したからと言って「成功」するとは限りません。

どんな商売でもまずは「集客」が第一段階となりますが、インターネット上での方法としてはやはりいろんな種類の「宣伝」です。

なるべく経費を掛けずに宣伝したい。と私たちは考えています。

「リスクはいらない!」
「好きな時間にやりたい!」
「楽ししみながらやりたい!」

マーケティングってなんでしょう?
押し売り?ねずみ講?セールス?

違いますね!?、そんなことをせずに売れてしまう・稼げるノウハウです。

マルチレベルマーケティング(MLM)と言いながら、収入とはアンバランスな広告費と、
欲しがっていない人に無理して売り込み、人間関係さえも壊す。
「赤字」経営をビジネスとは言いません。

「ビジネスには多少のリスクはつきもの」なのは解りますが・・・

『PRIORITY ONE』では、こんな面も考えています。
ご一緒に考えてみませんか?

「売らずに稼ぐ」へ / 掲示板 / 参考書 / 広告宣伝考 / PRIORITY ONE / メルマガコーナー /



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー